腹筋をトレーニングして割れ目を見せる方法

腹筋をトレーニングして割れ目を見せる方法

引き締まった6つに割れた腹筋は男性であれば憧れる方が多いのではないでしょうか?そんな腹筋をトレーニングして割れ目を見せるにはどうすればいいのでしょう?

 

 

腹筋を割るためには

腹筋を割るためには以下の2つの要素が必要です。

 

  • お腹の脂肪を薄くすること
  • 腹筋(腹直筋)を太くする

 

腹直筋とは、4種類ある腹筋のうち、1番お腹の表面側にある筋肉のことです。

 

 

お腹の脂肪を薄くすることが肝心

どんなに腹筋をトレーニングしても、お腹の脂肪が厚かったら、いつまでたっても腹筋の割れ目は見えてきません。だからお腹の脂肪を薄くする必要があります。

 

体脂肪率を下げるためには、食事制限をしたり、有酸素運動をしたりするのが効果的です。食事制限は、糖質や脂質を減らすと効果的です。有酸素運動とは、ジョギングや水泳など少し心拍数を上げた状態で長い時間行う運動です。有酸素運動は20分以上続けると脂肪燃焼の効果が発揮しやすいです。

 

 

腹筋を太くするにはある程度の強度が必要

腹筋を太くするためには、回数だけでなく負荷も重視する必要があります。何回でもできるような腹筋のやり方よりも、重りを持ったり、傾斜をつけたり、足を上げたりして腹筋をしたほうが、腹筋を太くするのには効果的です。

 

普通のやり方で楽に腹筋できるようになったら、今度は負荷を上げて行うようにしましょう。楽に100回できる腹筋トレーニングよりもキツい30回の方が効率が良いです。