産後ダイエットの方法!食事制限や開始する時期は?

産後ダイエットの方法!食事制限や開始する時期は?

産後に身体をすぐに元に戻そうとダイエットに取り組む女性が最近は多いようです。でも授乳期なのでダイエットをするには赤ちゃんに影響がないように注意することが必要です。産後ダイエットの方法について説明をします。

 

 

母乳の質や出方に影響しないように急なカロリー制限は避けること

急激に体重を減らそうと思って、過剰な食事制限をしてしまうと、母乳の質が悪くなったり、母乳が出なくなったりすることがあります。

 

母乳育児中はエネルギーや栄養が普段以上に必要ですので、普段の食事は普通に行ったほうが良いです。食事内容に気をつけて、脂肪分の多い食事やジャンクフードを避ければ大丈夫です。魚や豆類、海藻、野菜類は乳児のために積極的に摂りたい食材です。

 

そして気をつけたいのは間食です。食間のおやつや甘い飲み物などを減らすように努力しましょう。

 

 

出産直後一ヶ月程度は体力の回復に努め、ダイエットしないようにする

出産直後は体力がとても低下している状態です。まずはその体力を回復させる必要がありますので、1月程度は体力の回復に務め、ダイエットをしないようにしましょう。

 

また、産後は「産後の肥立ち」といって妊娠中から妊娠前の身体に戻ろうと急激に身体が変化する時期です。子宮やホルモンバランスの変化の影響で精神的にも不安定な時期になりますので、無理をセず安静にしているのが一番です。

 

 

身体を冷やさないようにする

身体を冷やさないようにすることで常に血液の循環がよくなります。血液の循環が良くなることで代謝があがりますので、脂肪を燃焼しやすい状態になります。食べ物や飲み物も温かいものを積極的にとると良いでしょう。

 

 

食事は朝食を多く、夜は控えめに

夜に食事をとると、寝ている間は活動量が落ちますので、必要のないエネルギーを脂肪として溜めこみやすくなります。

 

活動を開始する朝に多く食事をしても、取り込んだエネルギーを日中の活動しているときに、消費することができますので、脂肪になりにくいです。

 

ですので、朝食を多めに、夕食を控えめにすることで痩せやすくなります。