艦これ改【ps vita】の予約状況や店舗特典の詳細は?

勃起不全になったら心臓や脳の血管障害に要注意!

最近朝勃ち(早朝勃起)しなくなったり、普段ペニスの勃ちが悪くなったりしていませんか?そのような症状が現れた場合は、重病にかかるサインかもしれないので要注意です。

 

ペニスが勃起しなくなるということは?

ペニスが勃起するのは血管が拡張してそこに血液が流れ込むことによって起こります。ペニスが勃起しなくなるということは、血管に障害がある可能性が高いと言われています。

 

ペニスには身体の中で一番細い血管があります。そこに障害が起きているということは、今後心臓や脳の太い血管にも同じ障害が起こる可能性があります。

 

 

ペニスが勃起しなくなるのは男性ホルモンが低下している可能性が

ペニスが勃起しなくなるというのは男性ホルモンが低下している可能性があります。男性ホルモンが低下することによって、代謝が低下します。代謝の低下によって太りやすくなり、血中脂肪が多くなります。それが原因で血管障害や成人病になるケースがあります。だから、ペニスが勃起しなくなるというのは、健康のバロメーターでもあるのです。

 

実際に、脳梗塞や心筋梗塞で倒れた男性は、何年か前から勃起障害を起こしているケースが多いそうです。また、糖尿病を患っていてED(勃起不全)の人は、普通の人に比べて、1.5倍も心臓病にかかる確率が高いそうです。

 

 

勃起不全が気になる方は

気になる方は、心筋梗塞や脳梗塞の検査を受けてみるのがよいでしょう。血液検査や心電図をとることで簡単に検査できるみたいです。勃起不全の方が気になる方も一度医師に相談してみた方がよいと思います。